渋谷の整形外科で支払った費用は医療費控除できるのか - 渋谷の整形外科の中には夜間診療を行っている所がある

渋谷の整形外科で支払った費用は医療費控除できるのか

subpage-img

渋谷の整形外科で施術を受けたり、薬の処方を受けると、一定の料金を支払わなければなりませんが、そこで気になるのが医療費控除です。



医療費控除とは、1月1日から12月31日までの間に医療機関などで支払った費用のうち、一定の要件を満たしているものについて、最高で200万円まで所得から差し引くことができる制度で、医療機関に何度も通わなければならないような出来事に遭遇した人にとっては便利です。
ただし、渋谷の整形外科を利用したときに支払った費用については、医療費控除になる場合と、ならない場合の両方があります。
例えば、自分自身の不注意で骨折や捻挫をしてしまったとき、その治療を渋谷の整形外科で受けるのであれば、所得から控除することができるでしょう。


その一方で、体内の脂肪を吸引してもらったり、目を一重から二重にしたり、顔を小さくするたえに骨を削るといった目的で利用する場合は、控除をすることができません。

医療費控除は、身体に疾病があらわれていることが明白で、治療が必要である場合に、そのために支出した費用が控除の対象となります。

美容目的で渋谷の整形外科を利用した場合は医療費控除の対象外であり、所得から差し引くことはできません。

安心安全の@niftyニュースの情報はかなり役に立ちます。

もし、渋谷の整形外科で医療費控除の対象となるような診療を受けた場合は、料金を支払った後に発行される領収書や明細書は必ず保管しておきましょう。


医療費控除を適用をするためには、適用の根拠となる書類を添付した上で確定申告をしなければならないからです。



top